初めてのアンコン

2022年1月26日

今週の日曜日は初めてのアンコンです。入団してまだ数ヶ月。アンコンって何?っ思ってた私が、コンクールに出るなんて何だか今でも実感が沸きません。合唱自体も中学校以来で、普通に歌うのと声の出し方もこんなに違うとは思いませんでした。団員の方たちに声の出し方などを教えてもらい日々頑張っています。アンコンで精一杯の歌が歌えるといいな。頑張ろう!私(笑)

M.K

【新規団員募集】
常時団員を募集していますので、一度是非、見学にお越しください。 見学にお越しいただける方は、ホームページ上部のMENU→団員募集からメッセージをいただければ、詳細について改めてこちらからご連絡させていただきます。

ラストスパート

2022年1月19日

前回の宇都宮市文化会館でのホール練、日曜日の特練を経ていよいよラストスパートに入ってきました。

女声は、パートごとの声を合わせることを意識するよう指示を受け、ブレスの位置を工夫したり、表現にもこだわることを心がけています。まだまだ上手くなれる!そう信じて次回最後の練習に臨みたいと思います。

本番は今のところコロナ対策を万全にしてホールで歌えるそうです!(忘れずに検温せねば…!)個人的には、この合唱団に入って初めてのオンステ♪ホールで歌うのは大学時代以来です。あの気持ちよさ、楽しさがまた味わえると思うと今からワクワクしています。

H.I

【新規団員募集】
常時団員を募集していますので、一度是非、見学にお越しください。 見学にお越しいただける方は、ホームページ上部のMENU→団員募集からメッセージをいただければ、詳細について改めてこちらからご連絡させていただきます。

日本語

6A0FF82E-F16A-4032-B50D-5354EB429E692022年1月12日

今回は本番前のホール練!ということで宇都宮市文化会館での練習でした。

アンコンまであと2週間とちょっと。
どうしても、歌っている間常に音程が下がってしまう…ソプラノの音程が悪いと必然的に全体の音程が悪く聞こえてしまうので、なんとか改善していきたいです。

自分は、コンクールで「日本語」の曲を歌うのは初めてです。「日本語の曲は苦手なんだよな…」と感じていた所、団の中で共有していただいたブログより、作曲家の木下牧子さんからこんな言葉が。

以下、「女声合唱*萠 SSブログ」より引用

“日本語は難しいと言うが、それは間違いで、ほかの言語を良く知らないため、フレージングがうまくいっていなくても気付かないだけである。その言語のネイティヴスピーカーに聞かせれば、言葉がブチブチ切れている、と言われるであろう。また、日本語は日本の聴衆にも分かるので、審判が厳しくなり、批判されやすい。というわけで、日本語の歌が難しいわけではない。”

https://fcmoe.blog.ss-blog.jp/2016-10-19

まさにその通りだと思いました。私たちには日本語の言葉の意味がわかるからこそ、フレージングを意識したいです。
「表現力」をつけるために自分が出来ること。常に考えながら練習に臨もうと思います。

S.S

【新規団員募集】
常時団員を募集していますので、一度是非、見学にお越しください。 見学にお越しいただける方は、ホームページ上部のMENU→団員募集からメッセージをいただければ、詳細について改めてこちらからご連絡させていただきます。