中島みゆき「時代」

2021年3月24日 練習日記

今日の練習曲は、作詞・作曲:中島みゆき、編曲 : 信長貴富の『時代』でした。音取りからスタートし、後半合わせました。大好きな歌で、よくカラオケでも歌いましたが、合唱となると勝手が違います。他のパートも聴き、ハーモニーを感じながら歌う。今日の段階では、自分のパートの音を、楽譜通り正確に歌うようにする事で精一杯でした。歌い方も指導していただいたので、録画で何度も聴いて復習し、来週は、もっとハーモニーを楽しめるようにしたいと思います。そして、いつの日か、ステージで歌う時には、聴いてくださる方々に、何かが伝わるように…

私は、気づけば、宇唱の仲間に入れていただいてから、早いもので2年が過ぎました。合唱の経験は、中学など学生時代と、子供達が小学生の時のPTAコーラスくらいで、20数年ぶりのチャレンジです。混声は初めてでしたが、ハマりました。良いですね〜。まだ2年!「継続は力なり」を信じて、皆さんの足を引っ張らないように、出来る限り頑張って、付いて行きたいです。

歌も下半身が大事!と聞きます。もう一つの趣味のゴルフにも共通します。これからの第2の人生、下半身強化を意識して、歌もゴルフも成長していけたら嬉しいです。「心身共に健康第一!」宇唱ゴルフ部員(現在3名)も募集中で〜す!

A.N

------

宇都宮合唱団は現在、ソプラノ4名,アルト8名,テノール6名,ベース9名の計27名で活動しています。

モットーは、「コンクールやアンサンブルコンテスト、栃木県合唱祭、慰問演奏会等、各種大会・行事での演奏披露を通して、『合唱のすそ野』を広げていくこと」です。

『合唱を経験されている方でもされていない方でも、歌を歌うことを楽しみ、コツコツ伸び伸びとハーモニーをつくり上げていく一般合唱団』を目指して歌っております。

常時団員を募集していますので、一度是非、見学にお越しください。
見学にお越しいただける方は、ホームページ上部のMENU→団員募集からメッセージをいただければ、詳細について改めてこちらからご連絡させていただきます。

令和3年度は「栃木県合唱コンクール」に参加する予定です。

中島みゆき「糸」

3月17日練習日記

本日の練習曲は中島みゆきの『糸』。
素敵な歌詞ですよねー。神曲!
知っている曲だからこそ、楽譜通り正確に歌うのが難しい…。

そうそう、すっかり忘れてましたが、1998年に放送されたTBS系ドラマ 『聖者の行進』の主題歌が糸でした。
このドラマ、私が通っていた高校が撮影に使われまして…土曜日に登校したら正門の学校名が違う名前に、そして見たことない制服の生徒達がぞろぞろ歩いていて、一瞬パニクった記憶があります。
酒井法子と広末涼子が撮影に来ていて、休み時間にチラ見できました。

中島みゆきは昔から好きで、お時間拝借(ラジオ)は当時よく聴いていました。
夜会も行きました。
この季節のおすすめは『私たちは春の中で』ですかねー。
https://youtu.be/kLLt24vbO-M
余談ですが、世情を元WANDSボーカルの上杉昇がカバーしており、とーってもカッコいいです。

という訳で、演りたい曲リストに中島みゆきをこそっと入れたのは、私なのでした。

A.H
宇都宮合唱団は現在、ソプラノ4名,アルト8名,テノール6名,ベース9名の計27名で活動しています。

モットーは、「コンクールやアンサンブルコンテスト、栃木県合唱祭、慰問演奏会等、各種大会・行事での演奏披露を通して、『合唱のすそ野』を広げていくこと」です。

『合唱を経験されている方でもされていない方でも、歌を歌うことを楽しみ、コツコツ伸び伸びとハーモニーをつくり上げていく一般合唱団』を目指して歌っております。

常時団員を募集していますので、一度是非、見学にお越しください。
見学にお越しいただける方は、ホームページ上部のMENU→団員募集からメッセージをいただければ、詳細について改めてこちらからご連絡させていただきます。

令和3年度は「栃木県合唱コンクール」に参加する予定です。

久しぶりの練習

7FB80CA0-69E0-493F-AF22-70076DE918382021年3月10日 練習日記

久しぶりに練習に行きました!

案の定、声は出ないし、音はブレブレ。
皆と合わなぁぁぁぁい(涙)
でも、音に包まれて、心地良くて、懐かしくて、もっともっと突き詰めたい…!
練習に行くと、いつもこんな感じになります。
久しぶりだけど、久しぶりじゃないような…??

中学校の合唱コンクールがきっかけで合唱が好きになって、でも引っ込み思案で合唱部に入れなくて〜〜(色々あって中略)〜〜大人になって宇唱の門を叩くまで、20数年合唱を忘れていましたが、宇唱での初めての練習で、何処となく感じた懐かしさに、不思議な気持ちになったのを、今でも鮮明に覚えています。

…これ、生まれた川に還る鮭っぽいじゃん!って。
どんな時でも迎えてくれる、ハーモニーの川。
そして、ハーモニーの川に還る鮭。
カムバックサーモン。
じゃあ、歌はイクラかな??
あぁ…イクラ丼食べたいなぁ…(違

生活が変わったり、コロナで練習に出られない…さまざまな事情で団をお休みしたり、去らねばならない仲間も居ます。
でも、いつでも還ってきて欲しいな「ただいまー」って。

待ってます!
新人T改めトミー

2021年3月3日 練習日記

2021年3月3日 練習日記

市の緊急事態宣言も解除され、私も先週から練習に復帰。幸い、オンラインで練習の様子を見学できたので、ブランクを感じずに復帰でき、また改めて、集い歌うことの喜びも感じました。

今日の練習は、Ehre sei dir, Christe。
バッハより100年前に生きたドイツ音楽の父とも言われるシュッツの作品は私も初めて。
マタイ受難曲の終曲とのことなので、全曲を聴いてみよう思ってますが、まずは後段の、十字架〜埋葬〜終曲までを家で聴いてみました。
やはり終曲の合唱に込められた思いは、単体で聴くより、深く伝わってきます。

アカペラの正確な響き、ドイツ語の語感の表現や子音の処理など、これからの課題はたくさん。
でも、この曲を通して学ぶことも多く、これから楽しみです。

S.S

2021年2月24日 練習日記

アンコン録音取り後、初練習参加。

久々奥さんも出席。昨年孫誕生以来、孫中心の生活が続いている。毎日可愛い孫を見ていると日々成長を感激する。
今日はシュッツの音とり。名前はよく聞くが歌うのは初めてかもしれない。
音とりは楽しい。日常使わない頭脳細胞が使われているのを感じリフレッシュする。
わが家の孫の成長にはとても追い付けないが、下り坂まっただ中の頭脳細胞に一寸刺激でした。

T.S