2018年7月11日 練習風景から

IMG_90058月26日に参加する栃木県合唱コンクールに向けて、この日初めて川田明良先生に自由曲のレッスンをいただきました。

課題曲もレッスンいただくかな、と思いましたが…自由曲のみ3曲のご指導でした。

私たちがよい感触をもっていた自由曲の3曲でしたが、川田先生から、

先生「女声の “they” は『ゼイ』に聞こえる。”the”は『ザ』に聞こえる」

脱カタカナ発音! ところで男声は?

先生「男声は何言ってるかわからない」

と^ ^ 英語の歌詞のフレーズ感について、多くのご指導をいただきました。

何しろ速度記号がpresto並みの速さの2)The Owl and the Pussy-Cat  と  5)Sing a Song of Sixpenceの2曲。

フレーズの練習、団員一同がんばらねば!であります🙇

ユーモアかつ鋭い視点での川田先生のアドバイスに感心(関心?)しきりの団員でした…♪

次の練習は、7月14日18時から横川地区市民センターでの「技術交換会」です♪

2018年7月7日 送別会から

送別会の前に、都合のつく団員で『ボーリング大会』を開いた後…

先週、横浜に転勤された団員の送別会を開きましたが、今週は、6月16日の慰問演奏会を最後に退団する団員の送別会を開きました。

今年の1月のアンサンブルコンテストでは、女声と男声に分かれてエントリー。昨年の11月からアンサンブルコンテストの1月末までは、女声と男声別々に練習し、各々切磋琢磨しながら、ハーモニートレーニングをしてきました。

女声は『4つのイタリアのマドリガル III  IV』を老獪に歌い上げ、アンサンブルコンテストにおいて価値ある銀賞を受賞しました。本日の送別会から、力を合わせてハーモニーをつくり上げてきたよき思い出がよみがえりました。

別れを惜しみながらも「積極的にノミュニケーションの花を咲かせました。」

IMG_8975これからのご活躍も願っております。

大変お世話になりました!

2018年7月4日 練習風景から

IMG_8944

この日は、姿川地区市民センターにて練習しました。

普段は宇都宮東生涯学習センターで練習している私たち。

宇都宮東生涯学習センターとはまたちがった会場の豊かな響きを感じながら練習しました。

来週は、川田明良先生が練習に来られることもあり、自由曲のアンサンブル練習に余念がありませんでした。川田先生になんとお言葉をいただけるか…(^_^)v

また、女性の方が見学に来られました。

「よく音が響いていて、幸せな気持ちになりました」と、おっしゃってくださいました!

ジョンラター氏の自由曲、アップテンポな曲は宇唱に合うのでしょうか♪

来週の川田先生との練習、がんばります。

今週土曜日は、送別会を開きます🙇

2018年6月27日 練習風景から

本日は9割自由曲、1割課題曲、の練習でした。

課題曲は5月の栃木県合唱祭にて演奏披露済みの私たち。今は、自由曲の練習メインです。(詳しくは「Menu」→「練習曲」からご覧ください。)

ジョンラター氏の自由曲に、団員は

「ジェットコースターみたいだ」

「早口言葉みたい」

「列車の発車メロディーみたい」

との声。いずれにせよ、自由曲に魅力を感じている団員です♪

そんな中、練習の最後に久々の課題曲の練習もしました!久々だったので、各パートの音程を合わせることへの課題をつかんだアンサンブルとなりました♪ IMG_8712

団員相互、力を合わせてがんばってます!

2018年6月20日の練習風景から

デイサービスセンター平松様での慰問演奏会から、最初の通常練習でした。

コンクール1ヶ月前の7月中に『暗譜』との目標をもっている私たち。

今日から、ジョンラターの自由曲に歌詞をつけて歌うようにしました。

自由曲は英語で、リズムが細かく、比較的速いテンポ…歌い甲斐がありそうです。IMG_8641

今月見学に来られた3名の女声の方々が入団くださることになりました*\(^o^)/*

力を合わせて、団員で支えていきます!

2018年5月30日の練習の一コマから

5月30日の練習から。

19時半から発声練習

その後、女声男声に分かれてのパート練習。
この日から自由曲
Five childhood lyricsより(John Rutter 曲)
1)Monday’s child
のメロディーライン練習がスタートしました。

8時50分頃から、全体アンサンブル練習でした。

1)Monday’s child は、他の2曲と比べて比較的スローテンポで、ハーモニーをじっくり聴かす曲のように感じました。昨年の自由曲のアントニーのような感じ?

自由曲の残りの2曲は、アップテンポで、まさに「イギリス民謡」って感じですかね。

この日は、1)Monday’s childのみの練習でした。

そんなこともあり、Kパートリーダーのアドバイスにも熱が入り、初めての練習にして、結構ハーモニーの整った感じの練習となりました。

それだけ、アンコンで女声男声ごとに2団体エントリーで、よりハーモニーが鍛えられた感があります。それは、先日の栃木県合唱祭の演奏もそうです。

今後が楽しみな1回目の練習となりました!

2018年5月9日 練習日記

練習日記。

この日は、川田先生と技術委員長、団長とつながりのある方がご夫婦で見学に来てくださいました。早速一緒に歌っていただき、豊かな歌声で堂々とされた歌声にハーモニーの深みはもとより、勇気をいただきました。

また、先週見学に来られた男声の方が入団してくださいました。駅伝の強豪で有名な某大学の聖歌隊をつとめられていた男声の方です。

新たな出会いに胸弾ませる団員でした。

19時半からの発声練習の後…20時ごろから川田先生が来られ、レッスンをいただきました。

ポイントは、

・よりフレーズを長くとらえること

・宇都宮合唱団は、20数名の合唱団であり、80名のような大合唱団ではない。歌詞の内容の表現の前に、まずは「鳴らす」ことでアンサンブルを作り上げよう!遠慮しないで、どんどん声を出して「鳴らしましょう!」

・歌詞の語尾の「n」(ン)は、教会の響きのように、長く大げさに伸ばしましょう

栃木県合唱祭に向けて、多くのご示唆をいただきました!

次回の練習もがんばります。

2018年5月2日 練習日記

練習日記。
Chor del Engel
①和音(冒頭を中心に)
②den die〜umwandenのフレーズ
③強弱

全体的に低音域の部分は、高声は気持ち上ずりやすい・低声は力んでブレやすいかも…

響きが母音毎に変わらないようにすると和音の変化が効果的…

長いフレーズなので工夫しましょう…

栃木県合唱祭に向けて、共通理解をたくさんしました。
見学者の方もいらっしゃられ、爽やかにひとときにもなりました♪

2018年5月2日 活動報告

5月2日、栃木県合唱祭に向けて練習しました!Chor der Engelの練習でした。

GWということもあり、11名の参加でしたが、少人数を生かした練習が出来ました。

また、本日、見学者の方が来られました🙂とてもうれしい✨

5月2日の練習内容、後ほど更新します♪

2018年4月25日 練習日記

Chor der Engel の練習でした。

川田先生が指導してくださり、ドイツ語の発音が改めて統一されました。

巻き舌は “Christ” と “Freude” のみとのことです。

そのほかRの発音に関しては、英語のRに近い発音でしたので、次回練習の際に各自確認していきましょう!