「喉の奥をあける」とは?

2022年6月8日

今日は「響く声」を出す為に自分が意識していることを。

「喉の奥をあけて歌って」と言われることが多いですが、具体的にはどこを開けるのかわかりますか?

例えば、眉毛上げて、という指示なら、他の人からみても変化が分かりますよね?
でも、喉の奥なんて、自分でも他人からも実際に目で見て確認することは出来ないんです。

大きなハンバーガーを一気飲み…するような気持ちで、勢いよく息を吸い込んでみてください。生半可な勢いでは飲み込めません。一気飲みです。
そのあと、吸った息を勢いよく吐き出します。すると、喉の奥の上の方がスースーします。

そこです。その「スースーしたところ」を上にあげるように意識してます。
自分はそう先輩から教わり、後輩に教えていたので、是非皆様も試してみてください。

1人ソプラノに新しく入団されました!
体調管理には気をつけて、引き続き練習頑張りましょ〜ではでは!

S.S

【新規団員募集】
常時団員を募集していますので、一度是非、見学にお越しください。 見学にお越しいただける方は、ホームページ上部のMENU→団員募集からメッセージをいただければ、詳細について改めてこちらからご連絡させていただきます。

コメントを残す