2018年12月26日 歌い締め

IMG_0952

練習日記。

宇都宮合唱団、今年の歌い締めでした。

川田先生は、所用でいらっしゃいませんでした。

団員でハーモニーやフレーズの確認をしました。

ウィリアムバードのクレドを歌うグループは、キーボードをもとに、ハーモニーにこなれる練習をしました。

クレドは三部合唱ですが、ミサの中でも一番盛り上がる「信仰宣言」ということもあり、リズムも細かく、大曲です。

川田先生もクレドを一緒に歌われながら参加され、まさに少数精鋭、アンサンブルコンテストまで残り1ヶ月、さらに重厚なハーモニーを目指します。

一方、高嶋みどり先生の贈物 白鳥 を歌うグループは、ハーモニーに重きを置き、練習しました。

練習の始めの頃は、なかなか「ピッチ」が合いませんでしたが…徐々に調子を取り戻し、音色が整ってきました。

練習の後半には、練習の旗振り役を務めるパートリーダーも加わり、アーティキュレイションへのアプローチから、アンサンブル練習しました。

今年の夏のコンクールで得た課題をクリアしようと、より多くの情報交換をしている白鳥組。

自主練にも積極的に取り組んでいる甲斐もあり、高嶋先生の楽曲のよさを伝えられるよう、ハーモニーも整いつつあります。

その流れに乗って、主旋律の移り変わり、が円滑にいくように、今後練習していきたいです。

だんちょ〜

コメントを残す